冬を間近に 家なき人々

戦災で不足する家は全国で420万戸。
これに対して政府・住宅営団の建てた家は20分の1。冬を前に都内の壕舎は28,881戸、仮小屋26,328戸で住宅難が深刻化していた。

内容:
住宅営団の簡易住宅群。
416戸の復興住宅申し込み受け付けに集まった1万9千人の列。
福島県下の貯水場で輸送難のため放置された木材。
戦災者には手の届かない新築中の家。
1戸75,000円也のはり紙と見物人。
開放勧奨に応じない大邸宅(4か所)。
そのがけ下で穴居生活をする人々。
バラック住居。
焼けビル内のコンクリートの床に寝る人々。

  • 解像度:SD
  • 画面アスペクト比:スタンダード
  • 白黒
  • クレジット:クリエーションファイブ/中日映画社
  • 登録

データ納品について

  • 納品データは原則MOVファイルになります。
  • オンラインストレージサービスを利用してファイルをお送りいたします。
  • データ量が多い場合はハードディスク等に収録し、郵送いたします。

お見積もりシミュレーション

冬を間近に 家なき人々

出庫手数料
出庫手数料
{{ deliveryFree | numberFormat }}
ダビング料
ダビング料
{{ dubbingFree | numberFormat }}
映像使用料
映像使用料
{{ usageFee | numberFormat }}
追加使用料
追加使用料
{{ simultaneousFee | numberFormat }}
ご利用料金目安(税込)
{{ totalFree | numberFormat }}
  • ※追加でWeb配信等ご検討の方は別途ご相談ください
  • ※ご納品の時点で最低料金35,000円が発生いたします
  • ※正式なお見積をご希望の場合は別途ご依頼ください