眞か偽か溥儀氏の親書 ~東京裁判~

8月16日出廷以来、罪を逃れることに懸命だった溥儀氏は8月21日の法廷で「1931年9月1日」付で宣統帝から南陸軍大臣あて送った自筆の親書をブレークニー弁護人にみせられ、「これは偽造です」と証拠をつきかえし、被告席だけでなく、キーナン検事をもあきれさせた。

内容:証人台の溥儀氏やウイリアム・F・ウェッブ裁判長。歩み寄って宣統帝詔書をみせるブレークニー弁護人。乱れ髪の姿で否定し、証拠をおしのける溥儀氏。ジョセフ・B・キーナン主席検事と被告席の表情。

  • 解像度:SD
  • 画面アスペクト比:スタンダード
  • 白黒
  • クレジット:クリエーションファイブ/中日映画社
  • 登録

データ納品について

  • 納品データは原則MOVファイルになります。
  • オンラインストレージサービスを利用してファイルをお送りいたします。
  • データ量が多い場合はハードディスク等に収録し、郵送いたします。

お見積もりシミュレーション

眞か偽か溥儀氏の親書 ~東京裁判~

出庫手数料
出庫手数料
{{ deliveryFree | numberFormat }}
ダビング料
ダビング料
{{ dubbingFree | numberFormat }}
映像使用料
映像使用料
{{ usageFee | numberFormat }}
追加使用料
追加使用料
{{ simultaneousFee | numberFormat }}
ご利用料金目安(税別)
{{ totalFree | numberFormat }}
  • ※追加でWeb配信等ご検討の方は別途ご相談ください
  • ※ご納品の時点で最低料金35,000円が発生いたします
  • ※正式なお見積をご希望の場合は別途ご依頼ください