会社案内・アクセス

会社概要

商号 株式会社 中日映画社
代表取締役 田中 利昭
所在地 【本社】

〒105-0012 東京都港区芝大門1-15-7 芝大門ABC館5F
TEL:03-6459-0943(代/映像事業部)

TEL:03-6459-0295(広告統轄事業部)

FAX:03-6459-0953
HP:http://www.chunichieigasha.co.jp/

【広告統括事業部】
〒230-8701 横浜市鶴見区豊岡町34-24-2F
TEL:045-580-0056/FAX:045-584-8819

資本金 1,000万円
取引銀行 三菱東京UFJ銀行・銀座支店
三井住友銀行・鶴見支店
大東京信用組合・本店営業部
創立 1955年5月
業務内容 映像制作、広告・宣伝の代理業務

業務内容

映像事業部

中日ニュースアーカイブス

中日新聞社を母体に、昭和29年1月に劇場用ニュース映画第1号を製作配給。
この間毎日映画コンクールのニュース映画賞をはじめ、各賞の栄誉に輝いております。
約40年間に亘り製作して参りました約1,500号の貴重なニュースアーカイブ映像は、
テレビ番組・CMをはじめとして、展示上映・社史・デジタル教材等、
多方面でご利用いただいております。

JRA(日本中央競馬会)レース映像アーカイブス

1964(昭和34)年~1998年(平成10)年までの、GⅠレースを中心とした
競馬映像を多数保有しております。
例)シンザン・ハイセイコー

テレビ番組・企業VP/コマーシャル/DVD制作・Web動画

企画・撮影・編集他、あらゆる映像コンテンツの制作を行っております。

ICT教育

デジタル教科書・教材・歴史授業等でご利用いただいております。

大型映像

立山博物館3面マルチ映像など、大型展示映像を製作しておリます。

加盟団体

テレビ・ニュース映画協会/スポーツニュース協会/国会映放クラブ/内閣記者会/警視庁記者クラブ

広告統括事業部

通信販売会社のハウスエージェンシーとして通販広告に特化し、新聞・折込・雑誌・テレビ・ラジオをはじめ、インターネット広告、交通広告など幅広いプロモーションメディアを手掛ています。

  • 新聞・折込・雑誌・テレビ・ラジオ・インターネットの広告企画、制作、実施
  • 各種印刷物の企画、制作
  • 新媒体の企画、開発

読売新聞社|朝日新聞社|産経新聞社|毎日新聞社
北海道新聞社|東奥日報社|デーリー東北新聞社|岩手日報社|河北新報社|秋田魁新報社|山形新聞社|福島民報社|福島民友新聞社|茨城新聞社|下野新聞社|上毛新聞社|神奈川新聞社|千葉日報社|山梨日日新聞社|静岡新聞社|信濃毎日新聞社|中日新聞社|岐阜新聞社|新潟日報社|北日本新聞社|北國新聞社|福井新聞社|京都新聞社|神戸新聞社|奈良新聞社|山陽新聞社|中國新聞社|新日本海新聞社|山陰中央新報社|徳島新聞社|四国新聞社|愛媛新聞社|高知新聞社|西日本新聞社|佐賀新聞社|長崎新聞社|熊本日日新聞社|大分合同新聞社|宮崎日日新聞社|南日本新聞社|沖縄タイムス社|琉球新報社

出版物

映画関連から料理・レシピ本まで、様々なジャンルの書籍を発行しております。

詳細はこちらのページより。

主催

『古代アンデスに魅せられた男——天野芳太郎展』を主催しました【終了しました】

協賛

特別展示『黄金郷を彷徨う——アンデス考古学の半世紀』に協賛しています。【終了しました】
http://www.intermediatheque.jp/

実績一覧

表彰実績

昭和39年1月 「中日ニュ-ス」第478号「恐怖の新薬禍”十字架の子等”」が昭和38年度ニュース映画部門でブル―リボン賞を受賞。
昭和39年6月 「中日ニュ-ス」第547号”黄色い血の恐怖”が厚生大臣表彰を受ける。
昭和48年2月 「中日ニュ一ス」第947号”水俣からの告発”「生きる証」が第27回毎日映画コンクール・ニュ一ス映画賞″を受賞。
昭和49年2月 「中日二ュ-ス」第1039号”たとえぼくに明日はなくとも”が第28回毎日映画コンクール”ニュース映画賞”を前回に続いて連続受賞。
昭和51年2月 「中日ニュ-ス」第1098号”瀬戸内海汚染”が第30回毎日映画コンク-ル”ニュース映画賞”を受賞。
昭和52年10月 記録映画「セントウルへの道」が芸術祭優秀賞を受賞。

沿革

昭和29年1月 中部日本新聞社により週間時事ニュース「中日二ュ-ス」第一号を制作。
中部9県下の映画館に自主配給開始。
同時に短編映画(文化・記録・教育・PR)などの制作を開始。
昭和30年5月 資本金2,000,000円で株式会社中部日本ニュース映画社を創設。
昭和31年2月 東京支社を設立し「中日ニュ-ス」を関東、東北地区に配給。
昭和34年2月 世界最初の時事ニュ-ス映画のシネマ・スコープを断行。
昭和39年6月 商号を株式会社中日映画社と変更。
昭和40年4月 記録映画「東京オリンピック」の制作に参加。
昭和45年3月 公式記録映画「日本万国博」の制作に参加。
昭和47年1月 公式記録映画「札幌冬季オリンピック」の制作に参加。
昭和50年6月 公式記録映画「沖縄国際海洋博覧会」の制作に参加。
昭和57年7月 東京へ本社移転。資本金10,000,000円。
昭和58年1月 「中日ニュ-ス」第1446号よリカラ―化を行いビスタビジョンサイズにて制作・配給。
平成2年3月 公式記録映画「国際花と緑の博覧会」の制作に参加。
平成7年3月 「中日映画ニュース」第1690号をもって休刊。
平成23年1月 広告統括事業部新設。
平成26年5月 事業拡充の為 品川区北品川より港区新橋に本店移転
平成26年6月 出版事業開始
平成27年1月 JPタワーインターメディアテク 「黄金郷を彷徨う‐アンデス考古学の半世紀」 協賛
平成27年2月 「中日ニュース」全1690号(約125時間)HDテレシネ完了
平成27年4月 自社アーカイブ映像 デジタル教科書 採用
平成27年6月 秋田魁ホール『古代アンデスに魅せられた男 天野芳太郎』展 主催
平成29年6月 介護施設向け映像配信事業『昭和回想メモリーズ』開始
令和3年4月 事業拡充の為 港区新橋より港区大門に本店移転

アクセス

本社

〒105-0012 東京都港区芝大門1-15-7 芝大門ABC館5F

  • TEL:03-6459-0943(代/映像事業部)
  • TEL:03-6459-0295(広告統轄事業部)
  • FAX:03-6459-0953

最寄り駅からのアクセス

  • 都営大江戸線・浅草線「大門駅」A6出口 徒歩0分
  • JR山手線「浜松町駅」徒歩6分
  • 都営三田線「御成門駅」徒歩9分
  • 新交通ゆりかもめ「竹芝駅」徒歩13分

広告統括事業部

〒230-8701 横浜市鶴見区豊岡町34-24-2F

  • TEL:045-580-0056
  • FAX:045-584-8819

最寄り駅からのアクセス

  • JR京浜東北線「鶴見駅」西口より徒歩6分