詳細

お問い合わせフォームより受付
無料でお探しいたします

※詳細検索をおこなう場合は、上ではなく下にある検索ボタンより検索をかけてください。
 キーワードも改めて下記キーワード欄に入力してください。

キーワードから検索
キーワード
除外キーワード
年代から検索
エリアから検索
ジャンルから検索
No.CFAN-0426_2

※この素材はタイムコードをご指定後、別途納品となる素材です

1953年(昭和28年) 10月21日公開

奄美大島

我が国の南の果、鹿児島から船で20時間進むと奄美大島に着きます。 この島はほとんど山岳地帯でジャングルに覆われております。 島にはおまだ砲台の後や砲艦のさびついた残骸が横たわっており、島で一番大きな名瀬市は静かなと言うより淋しい町という感じがするところです。 品物はありますが、値段は高くお米も一応は自由販売となっております。 有名な大島紬もどうやら作られてはいますが、生産は戦前の8分の1。 島の子供たちの学校は萱葺きのみすぼらしい建物です。 こうして奄美大島は20万の同胞は速やかな復帰の調印を望んでいますが、これからの生活も並大抵ではありません。

※ご発注の際は映像内に埋込みのタイムコードにてカット部分をご指定ください。
※ご納品の時点で納品料及び指定タイムコード分の使用料がご請求となる素材です。

  • 解像度:SD
  • 画面アスペクト比:スタンダード
  • 白黒
  • クレジット:クリエーションファイブ/中日映画社
  • 2024年04月26日登録
お電話
メール